FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

HMM セイバータイガー シュバルツ仕様(再販) +ダブルガトリングスペシャル改造 レビュー

2012/06/01
セイバータイガー シュバルツ仕様が完成しましたのでレビューです。

ガトリング王子なんていう変な愛称で呼ばれたりしているカール・リヒテン・シュバルツのパーソナルカラーが施されたセイバータイガーです。

01.jpg

2009年にホビーショー限定で発売されたキットだったのですが、アーバインコマンド同様根強い人気を誇り今回再販となりました。

今回の再販はどうやら限定ではない模様。後述しますが成形色変更・テトロンシールがマーキングデカールへ変更といった若干の仕様変更がありました。

02.jpg

ガトリング砲が右側に偏った極端にバランスの悪いデザインで、ガトリング発砲時には機体バランスが劣悪になるんだそうな。

まぁこの感じがアシンメトリー好きにはたまらない所。(あ、俺はシンメトリー派です

02-2.jpg

首元の装甲やらフィンやらが可動するからEシールドジェネレーター!(嘘

首後ろの装甲は頭部側に付いています。

03.jpg

ガトリングは二軸可動で十分な射界がとれます。

但し頭部が首のシリンダーの干渉によりあまり上を向かないので若干微妙。

3-2.jpg

デコマスでは抹茶色みたいな塗装がされている地対地ミサイルポッドですが、自分はアニメ版に合わせてピンクで塗装しています。そのままだとグレーです。

加えてその下のセンサーはクリアパーツランナーのタグ部分を切り出して貼り付け、それっぽくしています。

04.jpg

マルチアーマメントパック中央のオレンジとサイトセンサーのブルーはジュエルシールが付属し非常にリアルな質感。

サイドのイエロー部は自前塗装。

05.jpg

見辛いですがマルチアーマメントパック下部のジョイントのセンサー部もランナータグ加工でクリアパーツ化してます。

06.jpg

足は可動範囲を広げる為にガンプラのように装甲がスライドします。

内部にダミーのシリンダーがモールドされていますが成形色の黒のままじゃつまらないし折角だからとゴールド&シルバー塗装しています。

07.jpg

コックピット開閉。自前製作のシュバルツ大佐を座乗させています。

本来はアイボリーカラーの通常兵士が付属するのみでシュバルツフィギュアはありません。

08.jpg

昔の作品であまり立ち絵などもないのでアニメ本編をみながら手探りで製作しました。

基本的には元兵士をガリガリ削り、細部をパテで調整。んでもって塗装したのみのワンオフフィギュアです。

09.jpg

本来、爪と牙は再販時に初版のイエローから再販版はアイボリーにカラー変更されていたのですが、劇中ではゴールドなので自前塗装しています。

10.jpg  

爪も同様。・・・・よく見ると雑ですがスルーの方向で()

10-2.jpg

アイボリー、つまりは象牙色なので比較するとこんな感じ。

アニメ版ではなくマーシーラビット氏の箱絵に合わせての成形色変更だったようです。

11.jpg

TOMY版のセイバータイガーとの比較。まぁ色も違えば装備も違いますが雰囲気だけでも(^~^;

とてもいい方向にアレンジされてるなーという感想。部分を見ればセイバータイガー的な記号がちゃんとあるけど、それが集まると全く別の機体の様な情報量に。

流石ですコトブキヤ。

12.jpg

いかにも猫な顔だったTOMY版から引き締まった虎の顔に。鼻がでかいとか言われてたらしいけど自分は別にそうは思わない。

13.jpg

腹部から抜きとれるゾイドコア。横にあるのはノーマルセイバーの背部パーツ。

14.jpg

余剰パーツはこんな感じ。リニアレーザーガンは4基付属するので一基分余ります。

他にもランナーの関係で腹部の黒い装甲やキャップ、部分的な武器パーツが余ります。

しかしながら背部の二連装ビーム砲も複合センサーユニットもパーツが足りず組めないというオチ....

他にもガトリングのベルトのジョイントパーツの用途違いの物が2組余ります。(写真は1組の片割れ)

-------------------------------------------------------------------------
ここで本題! ※ここからはキットを2つ分使用しています

15.jpg

シュバルツ大佐にも劣らぬガトリング大好き野郎な俺はダブルガトリングを強いられてキットをもう一つ購入してしまったんですなー(^~^;しめて¥8800...

16.jpg

ガトリングランナーのみランナー注文っていう手もありましたが計算してみると1000+1000+900+500+400+300(送料)...って合わせて¥4100になって、んでもってamazonならまるまるキット買っても¥4400だしどう考えても買った方が安いじゃん、って(笑)

17.jpg

バランスも良くなりめっさ勇壮!ま、絶対に機動性消滅だろうけどwww

18.jpg

ガトリング砲は漢の浪漫、なので。気が付けばダブルガトリングの写真の方が多い件。

19.jpg

上での書き忘れ。首は途中にボールジョイントが2つあり顔も小型なのでシールドライガーよりもよく動きます。

写真ではある程度で止めてますが顎はタテガミもないので際限なく開きますwwww おまけに緩いので上顎のサーベルに引っかかる所まで閉めておかないと勝手に開くという....

20.jpg

上方向はシリンダーの所為で苦手ですが下方向には結構下がります。この首シリンダーはダミーでなく加えて塗装済みパーツでした。

20-2.jpg

マルチアーマメントパックのミサイルポッドが乗っているアームは展開可能です。グレートサーベル用?

22.jpg

ミサイルポッドが立ててあるのは単にアニメでこうなっていたからです(笑)

23.jpg

尻尾は根元の2軸ジョイントで上下可動しさらに中間部で横可動。シールドライガーと違いよく動きます。

TOMY版の動かなかった短い尻尾が懐かしいww まぁ長さはそんなに変わってませんが。

レーザーガンはアニメで付いてないから付けない!(マテ

21.jpg

ダブルガトリングはキットを2個買えば誰でもできる簡単改造です。

ガトリングは元々左右入れ替えがきく構造ですし(お陰でバレルが回らないけどな!)弾装ベルトも左右対称にはなりませんがきちんと繋げるようになっています。

21-2.jpg

デフォルト状態でレーザーガンの後ろに付いてる排熱口がベルトジョイントと変えられる仕様なのです。

21-3.jpg

ここで使うのが余剰パーツとして出るベルトジョイントパーツ。さっきの写真には映ってない方のもう一組です。

2個目のガトリングのベルト先端に繋いだだけ。

end.jpg

2個買いすれば誰でも簡単ダブルガトリング!再現したい人は是非2個買いで!!

因みにダークホーン系のガトリングとは微妙に別パーツを使ってて互換性があまりないらしいので注意!

以上、セイバータイガー シュバルツ仕様 +ダブルガトリングスペシャル改造でした。

余ったタイガー本体はダクホHSの余剰パーツと合せてロイヤルセイバーにでもしたいと思ってる...いずれ。

あ、俺が買ったせいかamazon出品の最安値在庫がない...それでは今回はこの辺で!ノシ





スポンサーサイト
comment (0) @ ゾイド
ひもじき日々。 | つくろうドットアイコン編 その2

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。