コトブキヤ HMM027 EZ‐026 ジェノザウラーRS(レイヴン仕様) レビュー

2011/08/24
苦節2日間、レイヴンジェノがやっとこさ完成したのでレビュー!

まあどうせ検索しても引っかからんし、誰も見とらんだろうけどね(涙)

いいんだ、自己満足の世界なんだから!

いっくよ~

P1030451.jpg


光あて過ぎてなんか青い・・・・まあ濃紺成形だしね。

パーツ数が鬼畜という話は本当だった。ランナーをいちいち探しての製作・・・・長かった・・・

でもその分カッコよくて大満足♪動力をオミットしたことでベストな体系のジェノになっています。

ge08.jpg

ほーら正面から見るとこんなに細く・・・細ッ!!

でもアニメのジェノはこのくらいなイメージ。しかしアニメ見てみるとそうでもないという・・・

genoTV.jpg

ほ~ら案外似てないwwwwてか色結構違うし・・・

ge09.jpg

後ろから。尻尾が長く思える。

脚の後ろと尻尾先のクリアパーツは何らかの色を塗らないと微妙な感があるな~

P1030452.jpg

頭部アップ。数少ない塗装した点です。

頭頂部のロイヤルブルー、目のクリアパーツの奥と粒子砲のシルバー、そして光って見えるようにクリアレッドの目パーツの裏も銀塗装。

ただし最後の部分の塗装の効果は薄かったです・・・・(T_T)

粒子砲のランナーの元の色、紫ってどうよ?

P1030453.jpg

ワイヤーアンカー射出状態。なんか短いね・・・・

P1030454.jpg

つーことで。ガンスナのあまりパーツのパイプを繋げてそれっぽく。

P1030449.jpg

ちょっとポーズ。

首は今回の改修でよく動くようになったと聞きますが思いの外全体はあんまり動きません(涙)

胴体の捻りが殆ど無いのが残念・・・デザイン優先なのか?

脚がもっとハの字にできたらな~付け根がBJだったら出来たかも。

手足の爪は一本一本可動。凄いとがってますw

P1030458.jpg


それでは粒子砲発射状態!!

ノーマルのHMMジェノと違い、加工せずともデフォルトでこの状態にできます。

自分はこれが出来ないのを理由にHMMジェノを敬遠してたんで、できるレイヴン機が出ると聞いて予約開始してすぐソッコー予約しましたwおかげで¥6090

P1030459.jpg
P1030461.jpg


全開放!尻尾のフィン展開は面倒です・・・一枚一枚動かすとか・・・

P1030460.jpg

HMMではアンカーが各脚三本です。ただ脚ブースターと干渉してね・・・ブースターの形状は元キットと全く違います。内部黒塗装。

P1030464.jpg

それにアンカーのシリンダー・・・・伸縮する前に根元のヒンジ(?)が取れちゃうんだよコレ・・・・金属なら油差せばいいんだけどプラだしな・・・・

ge04.jpg

横から見ると一直線になってるのが分かります。

パルスレーザーとの一斉射でシールドをぶち破る!

genoTV2.jpg

コレコレ。周波数の違いで破るガンブラスター的な。

P1030457.jpg


正面。銃口内の黒は塗装。粒子砲のマズルデザインがカッコイイです。

太すぎだとも思うけど。

ge06.jpg

比較。旧ジェノのはただのあんぐりじゃんwwww

ge14.jpg

ジェノらしさはしっかり残しつつのいいアレンジ。

旧ジェノは経年劣化で変色しちゃってる~

ge13.jpg

正面比較。旧ジェノ太いなーwwww

ge15.jpg

パルスレーザーはなんか後ろが長くなってました。元キットと可動は特に変わらず。

P1030455.jpg


もっとウェポンラックあると思ってガトリングつけんの楽しみしてたら付けられないという・・・・・

ge11.jpg

彩色済みのレイヴン、シャドーが付きます。

TOMY版のシャドー見つけたら比較したい。でももっと色薄かったイメージ。

彩色済みはホント楽でいいな~
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
こんな感じでジェノザウラーRSのレビューでした。

結構疲れた・・・主にパーツ数の意味で。

でもこの間コマ犬とデルタプラス連日で作ったりしたからそんなに大変とは思わなかったり。

麻痺してるねww

レビュー終了!でわまた!

ge17.jpg
-------------------------------------------------------------------------
8月25日、追記

まだ納得いかない点があったので修正。

geno p01

どこが違うかわからんって?頭と歯茎だよ。

ズームして見てみますか。

geno p02

ちょっと銀の光沢がありすぎて映りこんじゃって変な色に見えるとこもありますが本来は問題ないです。

頭部の濃紺部を後頭部まで追加塗装、歯茎をレッド、口内をグレーで塗装してます。

頭頂部センサーのクリアブルーは見えないw

geno p03
P1030462.jpg


ガパッと開けるとこんな感じ。

歯茎が赤になって禍々しさが増したはず。

一旦満足したんでこれにて。

10月27日追記

塗装箇所増加に伴い写真の一部を差し替えました。

P1030463.jpg
追記終了

スポンサーサイト
comment (1) @ ゾイド

コトブキヤ HMM022 RZ‐041 ライガーゼロ用シュナイダーユニット レビュー

2011/08/18
ブレードの塗装がようやく完了したのでシュナイダーをレビューしようかなと。

sc01.jpg

ブレードは塗りまくりましたがあとは部分塗装。

シュナイダーになると元キットとの差異がより顕著に。

二色になったブレードが新鮮です♪

sc02.jpg

正面から。鼻先のグレー、頬内部のグレーは塗装。

頭部装甲の一部と前腕部の5枚のフィンは作例ではグレー塗装されていましたが別パーツでなく塗装が困難なため割愛・・・・いずれは塗りたいところ。

因みに本来ならタイプゼロ時に頬のフェアリングを固定するパーツは付けたまんまなんですが、シュナイダーでは頬のEシールドがあんまり畳めなくなっちゃうので外しましたw

HMMになってホントにカッコよくなったな~

sc03.jpg
 
後ろから。元キットにはない後ろ脚のアーマーが追加されてたのが新鮮でした。

元はタイプゼロにのみあった部位の装甲です。

ブレードがメッチャピカッてるな~。ガンダムマーカーのメタリックブルーとシルバーによる塗装です。

シュナイダーのみにあった足側面の謎のパーツ(姿勢制御スラスターらしいです)もアレンジされかっこよくなりました。

スカウターポッドが重く尻尾は関節を強化しないと垂れちゃいます・・・

あとは尻尾はポロポロと取れ易かった為に机から落下してスカウターポッドの羽根の先端が欠け・・・先端がシャープなのが祟ったな・・・・(涙)

sc04.jpg

ブレード展開。アニメで言うバスタースラッシュ形態ですね。

TOMY版の刃の先端はホント丸かったな~(笑)

ブキヤ版はちゃんと手に刺さりますよ~www

sc05.jpg

各部展開。Eシールドと肩部装甲のスラスターを展開できます。

相変わらずのウサギちゃんwwww

sc06.jpg

ブレード全展開。TOMY版と違って背部のレーザーブレードを前に向けて展開できます。

刃に可動部があるんですが、これ実戦に耐えうる構造なんだろうかね?

sc07.jpg

ベースを使って浮かせて、セブンブレードアターック!!!!!!!!

あの時はいきなり新必殺技で熱かったな~!!!

あれってシールドのエネルギーを装甲に定着させてたから全身光ってたのね。

てかシュナイダーって装甲薄いのね・・・にしてはエレファンダーのビームソード受けた脚装甲無事だったけどね(笑)

sc08.jpg

最後に正面から。やっぱサイコーだわHMMシュナイダー!

ただね・・・塗装は失敗としか思えないから落としてやり直したいな。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
☆追記☆

上で割愛した頬と前腕部のパーツを塗装しました。

また旧キットも出してきたので比較するよ~。

syuna1.jpg

塗ってよかったな~思いの外カッコ良かった・・・・

やっぱ顔のパーツはちょっと色変わっただけで違いが出るねぃ。

syuna2.jpg

ま、細かく見ちゃうと塗装の荒さが出ちゃうんだけどね(汗)

ブレードがまぶしい!

syuna6.jpg

ハイ比較。まごうことなき別の生き物www

元キットは相変わらず訳分からんスミイレされてます・・・ま、作ったの小学生の頃だしね。

ブレード丸いなー

syuna7.jpg

相変わらずの身長差。肩ダクトとかもホントにハイディテールだな~

TOMY版はシュナイダーになったことで更に頭でかくなってますw

syuna5.jpg

装甲増えてた例の場所。まあ物足りない感じだったし丁度いい追加かと。

あと元キットのわき腹のキャップはなぜかプラスチックで一回り小さいものでした。てかキャップじゃないしw

追加以上!


comment (0) @ ゾイド

コトブキヤM.S.Gガトリング & ホビーベース 極め手(1/100角) レビュー

2011/08/17
「麻衣の涙の阿弥陀如来」をネット注文したついでに一緒に頼んどいたガトリングガンと極め手をレビュー。

まずはガトリングガン。

WG01.jpg

ライガーゼロは元設定通り互換性がなさそうだったのでコマ犬さんのACユニットにつける感じに。

ガトリングLOVEな自分は一気に2個買い(笑)

コマンドウルフダブルガトリングスペシャルといったところか。

思ってたよりも軸が合わなくて「ありゃ、コリャやっちまったか?」なんてちょっと思いましたが、ACの基部に合ったのでひと安心・・・・・

ジェノザウラーにも付けられるといいな~

WG02.jpg

うーん、ガトリングマニアにはたまらんですな・・・・

銃口は奥行き感を出すために黒で塗装。

満足満足♪
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
続いて、極め手(1/100角)です。

これは全関節可動のハンドパーツで、サイズは1/100と1/144、カラーはグレーとダークグレーがあるようです。

自分が買ったのは1/100グレーでした。

ジオン系MS用の丸指もいずれ出るのかな?今回のは連邦向きの角ばった指です

te01.jpg

宇宙世紀系MSは先日買ったデルタプラスしか持ってないので必然的にコイツに。

一応他に握り手も付いてきますが、可動手を握らせたこの状態が自分は好みです。

因みに手甲パーツは可動手握り手にそれぞれ2種ずつ付いてきます。

te03.jpg

くぱぁ。←ちげ~よ(笑)

指の全関節が動くおかげで自然な平手が作れます。

ピースしたりも出来たりして面白い。

ただ製造技術がやや未熟なのかバリが目立ちます・・・

te02.jpg

一応武器も持たせてみましたがピンが無いので保持力はほとんどないです・・・サーベルくらいなら持てるかと。

ここでは仕方ないので両面テープさんが頑張ってくれてますw

te04.jpg

一応付いてくる固定握り手。自分的にはこちらはあんまり好きな造形じゃなかったです・・・

手甲はトリモチランチャーが付いてるようなビーム甲を使用。

極め手はこんな感じでした。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
最後に今回の買い物のメインディッシュ(?)だった麻衣ちゃんのCDを紹介。

mai.jpg

「麻衣の涙の阿弥陀如来」です。大好きな鈴さん(富樫美鈴さん)のキャラソンということで迷いなく購入。

ホントはアニ○イトで買いたかったんだけど置いてなかったのでしゃーなしだなってことでネット購入に相成りました・・・・

夢オチの驚きのキャラソンと日常1stOPである「カカカタ☆カタオモイ」の麻衣ちゃんヒトカラ版が入ってました。

後者は驚くべき原曲改変で大爆笑でしたwなんかヒャダインさん本人出てきたし。

麻衣ちゃんは嬉しい特別扱いでもう1枚CDが8月24日に出るようで楽しみです!





comment (0) @ プラモ

TOMY(現タカラトミー) GB-008 バイオヴォルケーノ レビュー

2011/08/16
はいは~いホントなんで今更なんだろうね?バイオヴォルケーノのレビューです。

ライガーゼロ掘ってたら出てきたわけですよこれが。

バイオ系は賛否両論ですが、コイツは自分の中では5本の指に入るくらい好きなゾイドです。

赤くてトゲトゲしてて、なおかつ中の人は金髪イケメンw同じような理由で00のハムさんも好きでした。

フラッグは黒だけどね~

まあアレは中の人の声の所為もありますがw中村悠一の声はホントサイコーです!

と、すげー脱線しましたが戻って来ましょうw今回はヴォルケーノのレビューですよ~

vol1.jpg

いつの頃からかゾイドも赤いアイツがライバルなのがお約束になってたな・・・

ジェノブレ、ブレードレオン機、そしてコイツ。

フューザーズ?何それ美味しいの?(笑)

キットの方は原型機のラプトルの自立できないという弱点がなくなっていました。

まあ相変わらず装甲取れまくるけどwww

キットの色が気に入らんかったのでフレーム部を除き全塗装しました。

写真ではただの赤に見えなくもないけど元のメタリックピンク(?)の成形色の上にクリアレッドを塗りました。

また、爪などの色もアニメではやや赤みを帯びていたので若干薄めたクリアレッド塗装。

キャップ部とバーニアは成形色ではシルバーでしたがアニメではガンメタだったのでこれも塗装。

アニメカラーに大分近くなったかなと個人的には思っています・・・

vol2.jpg

正面。魚みてえに細いww

ヴォルケーノって原型となった恐竜のラプトルにはないトゲがあるのでゾイドとしての設定的には大丈夫なのかと心配でもあるところ。

vol4.jpg

後ろから。これまた異質な尾の斧。

ダジャレになっちったよ・・・

微妙なシルバー成形だった刃も塗装。加えて刃のメタリックバイオレット部は色がいまいちだったので薄めたクリアレッドを上から塗りました~

あとはちょっと見えてた装甲裏は塗装がケチってあるところがあったので、銀で塗装した上にクリアレッド塗装。

割と手がかかってますw

あと膝の刃はクリア成型でなかったのでそれっぽい色を作って塗装。なんでここだけ・・・・

vol5.jpg

バイオ粒子砲。結晶内部もアニメ通りになるようクリアレッドで。

また発射時に開閉する結晶の裏はこれまた塗装不足でクリアパープルのままだったので表側と同様に塗装。

あと、歯の部分はひどい出来だったのでカッターで削ってシャープ化しました。

それに顔の右側面は金型不良か若干削れてる部分があったので接着剤モリモリして上から塗装してそれっぽく。

とまあ、結構手のかかる子でした。あと、ディスプレイベースは粒子砲後部の装甲が当たって固定できず、全く役立たず・・・

メガラプトルのやつのまんまだったからな・・・・・

――――――――――――――――――――――――――――
てな感じでヴォルケーノでした!

今更こんな売ってないやつ載せてもなんの意味もないんだろうけど、自己満足で書いてるだけだしいいか(笑)
comment (0) @ ゾイド

バンダイ 1/100 ZGMF-X23S セイバーガンダム レビュー(?)

2011/08/11
なんでセイバー!?

デルタプラス載せたから可変機つながりでw

つことで無印1/100セイバーです。

ついでだったから三枚しか撮ってないけどww

sv1.jpg

この子、MGは出てません・・・カッコいいのにね~

気になるところも多く、結構いじってますw だから“レビュー(?)”ね。

まず、ビームサーベル。肩につけた時の収まりはいいんですが、持たせると柄が短い・・・

で、1/100ジャスティスのを持ってきました。まあ逆に長すぎるけど自分はこの方がいいなと思う。

あとはビームライフル。いくらなんでも小さすぎるだろう!!そして口径小さすぎるだろう!

てことでMGノワールの余剰パーツであるストライクの57ミリビームライフルにお越しいただきました(笑)

元のライフルについては後述。

各スラスター部イエロー塗装。股間部は本来塗らない個所だが塗った方が見栄えがいいので塗装。

手首はMGフリーダムから流用しました。

また、シールドはポリキャップの位置がおかしく後ろの方につき過ぎな気がしたのでこれまたノワールからの余剰パーツ・ストライクのシールドの接続部を使い位置変更。

これならアムフォルタスと干渉しないですみます。

sv2.jpg

後ろから。

はい、元のライフルはここにいらっしゃいましたw

リアアーマーとライフル内に磁石を仕込んでマウントできるようにしました。

セイバーは結構サーベルを使ってた印象が強く、マウントできなきゃ毎回ポイてのも変だろうてことで。

アニメ見返してみたらちゃんとマウントできてるようでした。

アムフォルタスがとても長いのでつっかえ棒としてしっかり支えてくれます(笑)

sv3.jpg

ちょっとよって。顔だけスミイレしてたりするw

あと一応、首が埋まりすぎな気がしたのでPCをブキヤキットの残りものに変更してちょい首長にしました。

羽とVマークは塗装。

MA形態?ライフルに磁石仕込んだのとシールドマウント位置の変更でそれらを戻さないとダメなんだな・・・
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
以上、時期外れのセイバーでした。
comment (0) @ ガンプラ

コトブキヤ HMM023 RZ-042 コマンドウルフAC&LC(バラッド機) レビュー

2011/08/11
つい先日完成したコマ犬をレビュー!

因みにデルタプラスより先に出来てたw

P1030434.jpg

さすがブキヤアレンジですね。カッコよくアレンジされても、「コマンドウルフらしさ」はしっかり残っています。各部センサーオレンジ塗装。

バラッドが透けて見える~

P1030436.jpg


後ろから。煙幕噴射機が巨大化してカッコよく!ただしここ塗装パーツなのでゲート跡をシルバーで塗装して消してます。

脚シリンダー、臀部ダンパーは爪を黒成形にした都合上真っ黒だったのでガンダムマーカーゴールド&シルバーで塗装しています。

P1030435.jpg

正面から。脚の付け根はBJの為表情が付けられます。

爪は微妙にシルバー塗装。また、首&耳の灰色も塗装。

二連ロングレンジキャノンは砲口をブラックで塗ってやると奥行き感を得られます。

ba2.jpg


射撃体勢。残念ながら口の開閉はこの程度・・・

加工して可動範囲を上げる方法を載せている方がいたので、機会があればやってみたいとも思う・・・

説明書の作り方のままではキャノンの後部がスモークディスチャージャーと干渉し射角があんまり取れないんで、この写真では接続部に「トミーゾイドとの互換用部品」と言われた、全くトミーゾイドと規格が合わない曰く付きのパーツを介して装着。

ぶっちゃけこれ用だったんじゃね?て思うくらいぴったりフィットしましたwww

キャノン自体の高さが上がったので可動範囲向上!

P1030437.jpg

向きを変えて。低い姿勢がとれるのはやっぱりイイですね~

でも、前足後足のすね部は共通な為、ちょっと後足に違和感があります・・・

牙も銀塗装しましたが、口が開かないからあんまり・・・

10月27日追加分掲載

上画像でも何枚か差し替えしてありますが、写真取り直しに伴い画像追加しました。(塗装前の写真が混在していて申し訳ない。

P1030438.jpg

コックピット開閉で中にはバラッドが乗っています。

P1030446.jpg

箱絵再現。B社のスタンドを使用。足首が思うように動かないw

P1030439.jpg

ジャッジマン付属しますが使い道もないので包装状態のまま・・・・

追記終了

ba6.jpg

旧製品比較。比べちゃダメだね。

でも首を持ち上げた時に隙間ができなかったり、旧製品にも良かった点はありました。口もあくしねwwww
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
以上バラコマのレビューでした♪

☆追記☆

余剰武装について述べてなかったので追記。

P1030442.jpg

ロングレンジライフル。初期の武装です。

アーバイン機で有名なアレ。HMM設定ではビーム兵器。

P1030441.jpg

実弾だからこそ燃えるってのもあったので若干残念・・・

前の方から見るとスタビライザーやブースターが無い分シンプルです

細かいパーツがあって組み立てはヒヤヒヤ・・・

P1030440.jpg

つづいてコマンドウルフの標準装備、2連装ビーム砲です。またスタンドを使って疾走状態に。

本体との接続パーツこそLCと共用ですが、TOMY版と違ってビーム砲を共用しません。

LC内蔵のものより砲身が長くデザインされています。

P1030443.jpg


フル装備で。まあ二連ビームもそうですが対人ガトリングと二連衝撃砲はバラッドとは関係ないんで完全なる余剰パーツですw

P1030444.jpg
P1030445.jpg


対人ガトリングなんて犯罪的な装備、ゾイドバトルで使えません(笑)どちらも銃口黒塗装。

以上。

P1030448.jpg



comment (0) @ ゾイド

バンダイ MG 1/100 MSN-001A1 デルタプラス レビュー

2011/08/11
デルタプラス完成!!てことでレビュー。

00とSEEDのプラモしか今まで買ってなかった自分ですが、デルタプラスが好きすぎたんで購入。

dp7.jpg

さすがカトキデザイン。足長ぇ!!!

でも全くバランスが悪くは思えない。カトキマジック!?

HG持ってないですがどうやら成形色も違ってるようです。各媒体で色んな色あるんですね~

dp8.jpg

後ろから。バインダーが百式だな~・・・

00やSEEDシリーズばっか作ってたからバックパックに少々物足りなさを感じます。

UCはこのぐらいが普通なんでしょうね。

dp5.jpg

ビームライフル添え手持ち。左手は添え(ry

センサークリアパーツが後ろ側なのは不思議ですね。

リゼル一般機の流用ランナーの為、Eパックが2個余ります。どこにも付けられないからホントの余剰パーツw

シールドはゼータの様に上下逆にも付けられます。

dp4.jpg

ビームサーベルの構え。自分としては初の水色サーベル。にしても、色違いで何の意味があるんだろうか?

ビームライフルを百式風に背中にマウントできます。

脚は付け根がBJなので開脚はこの程度です。可変機の宿命か!?

dp6.jpg

頭部アップ。ピントはスルーでww

バイザーにアイディテールが彫ってあったり凝った造り。

因みに自分はメインカメラのシールは使わずクリアブルーで塗装。見えづらいですが後ろのクリアパーツから光を入れると若干光って見えます。

dp1.jpg

さーレッツ変形!!

イメージがガラッと変わります。戦闘機風の薄いフォルムがサイコーですw

昔から可変機体スキーだったので大好物だった為に購入に至ったわけで。

ビームライフルは本来は翼下ですがシンメトリーが好きな俺は大気圏突入状態にしてますw

だって右だけ重いとバランス悪くない?

dp2.jpg

前から。HGよりもシールドウェポンラックのまとまりが良く思えます。

ただ、グレネードランチャーはもちっとディテール追加してもらいたかったな・・・白の単色でなんかそれっぽくない・・・

にしても、ここにグレネードって危険じゃね!?そのままサーベル生やすにしてもシールドで防御するにしても暴発しそうww

ここはリゼルの腕部内蔵の方がカッコよかったね。

dp3.jpg

斜め後ろから。丸バーニアじゃないからゴチャゴチャ感は全くなくてイイ感じ。

リゼルと違って手首は外さない設定(てか、内蔵しない設定)

ビームライフルのセンサーはクリアパーツをはめ込む前にホイルシールの余白を貼って光を反射するようにしました。そしてクリアブルー塗装。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
こんな感じでデルタプラスのレビューでした。発売からあんまり間を開けずにできて良かったなー♪

変形は結構めんどくさく、あんまやると関節へたりそうだ・・・

あとは変形機構で結構可動範囲が犠牲になってたりもする。

まあ立体化を考えてデザインされてないようだし、素立ちのカッコよさは異常だが。

結論としては、買ってよかったなとそれだけ。

以上、陽気のデルプラレビューでした♪











comment (0) @ ガンプラ

コマ犬

2011/08/08
コマ犬完成・・・・ただしロングレンジライフルとビーム砲以外。

写真はまだない。

先に今日届いたデルタプラスを作りたいな~

MGてHMMと比べるとホントにパーツ少ないのな・・・
comment (0) @ ゾイド

バンダイ MG 00 QAN[T] & 00 RAISER レビュー

2011/08/05
今更感のある2機をレビューw

もち別売だよ。

005.jpg

先に出たクアンタ。アシンメトリーなデザインで、左肩が重いですw

腰がBJなのでBJ左横の隙間にランナータグの切れ端を挟むと左に傾くのが緩和されると聞きました。

しかし、このアシンメトリーはいいな♪

007.jpg

右手首。ピントは気にしないw

手首の可動範囲は非常に広いのですが、ピン保持のMGのためか完全な一直線持ちはできませんでした・・・専用手首位つけてくれてもよかったんじゃ!?

仕方ないので腕のコネクタ接続部を太らせてそっちに保持を頼り、手は添えているだけです。

あ、因みに握り手はライザーより流用。だってクアンタ常に左手フリーだし。

006.jpg

胸部アップ。顔イイね。マスク部だけスミイレ。顔って大事じゃん?

エクシア同様ライトユニットしこめますが、電池が高いのでスルーww

以上、クアンタでした。

――――――――――――――――――――――――――――――――

クアンタのフレーム一部流用の00ライザー。

001.jpg

横幅広いぜ。でも無印1/100キットと違いバランスがいいので非常にカッコイイです♪

どう頑張っても後ろ重心でヒヤヒヤもんだが。

002.jpg

後ろから。ストッパーで肩がダレないのがイイ感じです。沙慈のコクピットってちゃんと回転してんのかな?アニメでは刹那と同方向に動いてた気がするけど。

003.jpg

ライザー分離。重心の心配がいらなくてラクチン♪

え?ソードⅡにしろ?ええーあの剣あんまり好きじゃないんで。先端四角だしw自分はソードⅢが好きです。

初代の面影を残しながらクリアパーツ使ってるし収納できるし。

Ⅳになると常に剥き出しで長すぎて色々扱いにくいし。やっぱⅢだな!

004.jpg

最後に比較。パッと見ではわからないけど手に取ればその差は歴然!


そんなこんなでダブルオーコンビでした。

ガンダム側は数日後に届く予定のデルタプラスが次かな・・・セブンソードは・・・どうしよう


comment (0) @ ガンプラ

コトブキヤ HMM024 RZ-030 ガンスナイパーWWFB (リノン機) レビュー

2011/08/05
なんかこういうのって気が向いたときにやっちゃいときたいよねってことで連続~

リノンの過積載機・ガンスナイパー リノン仕様のレビューでございます。

ま、写真少ないけどねwピンボケだし(涙)

gs1.jpg

すっげー過積載。他のロボ作品でもなかなかないよねコレ。

賛否両論あるけど自分はこのガトリング好きです。砲身が細くてTOMY版のビームガトリングユニットに近い印象。

にしても、HMMダークホーンのガトリングは・・・まあいいですダークホーンHSで解決されることを祈りますか。

gs2.jpg

正面から。横幅広い・・・そして写真の構図の下手さのせいで顔が・・・

ミサイルとWWユニットのビームガンが干渉してアームが斜めってます。

斜めってるのは別にいんですがこのアーム部分は2パーツ構成なので下手すると取れちゃいます。ま、基本的には大丈夫ですが。

gs3.jpg

リノン機の追加武装分。ピント・・・orz

なんと「硫酸砲なんてただの飾りですよ」ならしいですリノン機では。そこはちょっとでも軽量化するべきなんじゃ・・・

ショートビームガンはあまったしちょうどいい穴があるから挿しちゃおうぜ的な。

2連装パルスレーザーガンが「パルスレーザーガトリングガン」に設定変更されたことでリノン機はガトリング系武器を6つ装備とな・・・シュバルツ大佐でもそんなことしないぞ。

gs4.jpg


ウィーゼルユニット・フルバースト!!!と川澄さんが叫ぶ!的な。若干パケ絵っぽい。

てかパケ絵、ハリー死ぬがなwマジ容赦ねえ。そしてHMMアレンジされた感じのHSの頭!マジ発売して下さいブキヤさん!!

gs5.jpg

見上げる感じで。迫力すげえ。


――――――――――――――――――――――――――――――――

と、こんな感じでリノン機レビューでした。

あ、塗った所。牙とアキレス腱のシリンダーくらいかな。あとミサイルポッドの赤も。

俺をHMMに引き込んだこの機体・・・罪よね~(リノンがそんなこと言ってた回があったな)

自分、いったん集め始めるととことん集めたくなる収集癖があるので(TOMY版ZOIDSのキットは全体の85%位は持ってるな)、HMMに手を出したらまた凄いことになっちゃうということで何が出てもスルーしてたけどこれは無理だった。

元キット凄かったからな(苦笑)金型成形不良で・・・


cw.jpg

待機中のコマ犬w






comment (0) @ ゾイド

コトブキヤ HMM022 RZ‐041 ライガーゼロ(タイプゼロ) レビュー

2011/08/05
久方ぶりの更新・・・パスワード忘れかけてたよww

HMMゼロがあんまりにも出来がよかったのでレビュー。てかレビューは初か。

ほぼ素組です。ただし塗装されてなかったシリンダーは塗装。

あとコアのとこのパイプ。水色じゃさすがにね。写真には写ってないがw

P1030421.jpg

まず斜め前から。もう何とも言えなくイイねアレンジが神がかってるw

やっぱ電動の制約がきつかったのかな元キットは。

P1030432.jpg

正面から。肩幅が広くなった上に小顔になったため、元との印象が大分違う感じに。

あ、ちなみに爪と牙と見えないけどショックカノンのマズル内部もガンダムマーカーのゴールドで塗ってます。

使ったことなかったけど何気に質感よくてビックリ。

zero3.jpg

ケツ側から。
ブースター内部とマフラー的な何かも同様に塗装。

尻尾は取れやすかったせいでシュナイダーの尻尾の羽根的なものの先が欠けてがっくりだったので(涙)木工用ボンドで若干固定(→瞬間接着剤はホントに動かせなくなっちゃうからね)しております。

うん、後ろから見てもバランスいいなw

zero4.jpg

ストライク、レーザークローォォォ!!的な。アニメ懐かしいな・・・ブルーレイBOXとか出ないかね?

今思えばビットの声優、櫻井さんだったなー。あの頃はそんな有名になってなかったと思うけど今は有名だよなー。

頭頂部のフェアリングも可動しますが、アニメでも動いてなかったし動かさないでおこう。

zero5.jpg

パッケ絵。セイバー?持ってないよw

絵がやたらかっこいいよなー。マーシーさんすげえ!!

TOMY版は基本ジオラマだったし、いい差別化ですね。

10/27追加分P1030420.jpg

レビュー記事のくせに写真少な過ぎだろ!!!ということで追加画像を何枚か。

P1030425.jpg

ヒップ(?)のスリムさが分かるバックからの一枚。マフラーとブースターが目っぽいwww

P1030426.jpg

フェアリングも展開して咆哮。頬フェアリングは二段階展開しますが似合わないのでそうはせず。

P1030428.jpg

コックピットを開けるとビットさんが乗ってますw

P1030427.jpg

コアは着脱可能。でも結構これがポロリしやすいんで俺はコアの上の水色部分に少し木工ボンドを盛って抜けにくくしてます。

P1030431.jpg

ストライクレーザークローは4本爪一体成型ですが簡単に切り離して可動化できる構造なので切り離すとこんな感じで動かせます。

P1030429.jpg

イオンターボブースター&ダウンフォーススタビライザー展開。金に塗ると質感アップでいいですよー

P1030433.jpg
追加終了

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

そんなこんなで、コトブキヤ ライガーゼロのレビューでした♪

最近のHMMカッコよすぎるな・・・収集癖から昔のTOMY版ゾイドみたいになたら金がやばいってことで敬遠してたHMMゾイドですが、出来がよくホントやばいな・・・

よーし、バラッドウルフも作るぞー!!

シュナイダーもブレード塗ったらレビューしたいな・・・

☆追記☆
旧キットを掘り起こしたので比較画像追加。

zero1_20110816164526.jpg

意味不明なスミイレ的なことしてますがスルーでw

TOMY版の立つ瀬なしか・・・

zero2_20110816164525.jpg

前から。え・・・HMMでかくね?

どおりでバランスいいわけだ・・・

やっぱ肩幅が大違いだな!

HMMはアニメの雰囲気に近く感じる。

という感じで以上。





comment (0) @ ゾイド