スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

初めてのパーツ複製

2017/08/20
とうとうギルベイダーを買ってしまいました。
P1020222.jpg

ということで、かねてより懸案事項だった「ギルドラゴンパワーエンブレム紛失問題」解決のためにとあるものを用意することに。
P1020220.jpg
P1020238.jpg

そうです「おゆまる複製」を試すために名前は違いますがおゆまる的なものとポリパテを買ったのです。

P1020229.jpg

ギルベイダーについてる同型パーツ複製してギルドラゴンにも付けちゃおう、そんな話です

といってもまぁ瓶に入れたお湯におゆまるを2分程度付けて柔らかくしたものにパーツを押し付けて型を取って固まったらそこに、ポリパテを塗ったくって表裏をサンド

P1020231.jpg

一時間ほど放置して固まったポリパテを取り出しただけなんですが。

P1020232.jpg

初めてにしては割と上手くいきました。

P1020234.jpg

あとはもう気泡部分をラッカーパテ塗って埋めて削って形を整えてそれっぽい色で塗っただけの簡単なお仕事でした。(仕上げが雑である)

P1020236.jpg

-完-

HMMストームソーダーが11月ごろに発売決定しましたね。アーラバローネ仕様もブキヤショップで予約受付中。1個づつ買うかなぁ…
あとは今月末の艦これ劇場版ブルーレイが楽しみですね。それではまたいつか。




スポンサーサイト
comment (0) @ ゾイド

マスターピース MPZ-02 セイバータイガー 開封とランナー紹介・組み立て

2017/03/04
MPシールドライガーに続いてMPセイバータイガーです。

P1010642.jpg


購入できないまま暫く経っていましたが譲っていただく機会があり、こうしてめでたく入手することが出来ました。本当にありがとうございます!

P1010579.jpg

付属品・ランナー紹介から。

P1010580.jpg

モーターボックスはシールドライガーの色違いで、首部分と肩部分がセイバータイガーに合わせて新造されています。

音声エフェクト・頭部発光色もセイバータイガーに合わせ変更されていました。

Aランナー
P1010582.jpg

Bランナー
P1010583.jpg

Cランナー
P1010584.jpg

D・E・Fランナー
P1010585.jpg

G・H・Iランナー
P1010586.jpg

J・Kランナー
P1010588.jpg

L・Mランナー
P1010589.jpg

A2・B2・F2ランナーとキャップ大中小・前脚スプリングにパイロットフィギュア
P1010590.jpg

付属品・ランナー紹介は以上です。

なお、Dランナーの足首パーツは爪部分を残してフレームカラーのブラウンで自前部分塗装しました。

P1010591.jpg

組み立てに入ります。

P1010595.jpg

シールドライガー同様にディスプレイスタンドが付属します。全くの同形状でした。

P1010597.jpg

頭部フレームを構成するパーツです。シールドライガーと違いフレームの時点でコクピットハッチがしっかりあって安心です。

牙のパーツはシールドライガーの物とそっくりですが別造形でした。amazon限定のシールドライガーメッキ牙は流用できないみたいです。

P1010602.jpg

組み上げるとこんな顔に。

なお、コクピットハッチは引き出し式となっており…

P1010603.jpg
P1010599.jpg

このように開きます。シールドライガーと違いパイロットは一人です。

続いて肩にかけてのフレームパーツを取り付けていきます。
P1010606.jpg

お馴染みの3連衝撃砲がありますね。これもシールドライガーの物とは別造形。

P1010607.jpg
P1010608.jpg

モーターユニットから伸縮して飛び出てくるツメパーツを介することで胸の呼吸運動ギミックにつなげています。

続いて背中から脇腹にかけてのパーツ。
P1010609.jpg

背骨に当たるパーツがシールドライガーより有機的な感じ。

P1010610.jpg

ここまで来てやっとセイバータイガーだとわかってくる感じですね。

続いて前脚パーツを代表して左前脚のパーツ構成。

P1010611.jpg

脚のフレームはシールドライガーと全くの同一形状です。

P1010612.jpg

これを両脚分組み上げて…

P1010613.jpg

旧キット同様に付け根に1パーツ噛ませてから取り付けます。

P1010618.jpg

素体完成が見えてきました。

P1010614.jpg

尻尾のフレームパーツ。
シールドライガーで問題のあったポリパーツですが、尻尾のセイバータイガーでは付け根の1パーツしか使わないのでだいぶ安心感があります。(シールドライガー尻尾の補修方法については前回の更新ページで)

P1010615.jpgP1010618_20170304165013989.jpg

MPになっても相変わらず短くてかわいい尻尾です(笑)

P1010619.jpg

続いて後脚を代表して左後脚の構成パーツ。

P1010620.jpg

色が変わると同形状でもセイバーっぽく見えてきます。これを両脚分組み上げて…

P1010621.jpg

取り付けます。

P1010624.jpg

MPセイバータイガー素体が完成しました。まだまだ貧弱な印象ですがここに流線型の装甲が付いてようやくセイバータイガーが完成します。

さっそく装甲付けに取り掛かりましょう。まずは首から背骨、尻にかけてのパーツから。

P1010625.jpg

さっそくMPセイバーの特徴であるクリアパーツが出てきました。

P1010626.jpg

シールドライガーでは剥き出しだった背骨が装甲に覆われています。

P1010627.jpg

前脚を代表して左前脚の装甲パーツ。

P1010629.jpg

シールドライガーでは剥き出しだった足首にも装甲が追加されました。

P1010630.jpg

次は後脚を代表して左後脚の装甲パーツ。

P1010631.jpg

装甲を付けるとパワーのありそうな脚に生まれ変わりました。

P1010633.jpg

右足側の装甲もすべて装着しました。

続いて首の後ろのカウル上のパーツと顎の下のパーツ、そして尻尾の装甲パーツを付けていきます。

P1010634.jpg
P1010635.jpg

セイバータイガーの背中から後ろにかけての美しいラインが出来上がりました。

続いて顔に取り掛かりましょう。

P1010637.jpg

セイバータイガーには表情パーツとして威嚇顔の別パーツが付属し、好みで付け替えることができます。

P1010638.jpg
P1010650.jpg

試みとしては面白いのですがどうにもカッコよくない印象なので威嚇顔は封印かな…

P1010639.jpg

最後にセイバータイガーの主砲である2連装ビーム砲と帝国軍共通火器セット。

P1010644.jpg

各所で言われているようにビーム砲脇のパイプが切れていてそこから複合センサーユニットが生えている構造はちょっと疑問です…

2連装ビーム砲もシールドライガーの物とは似ても似つかぬ外見で差別化が図られていました。

そんなこんなでMPセイバータイガー完成です!

P1010640.jpg

シールドライガーよりさらに力強く、完成度の高いデザインになっていました。

本家とは順序が逆なのでその辺りが面白いですね。

P1010641.jpg

肩のクリアパーツが良いアクセントになっています。

P1010646.jpg

ようやくシールドライガーとの揃い踏みです。

P1010647.jpg
P1010648.jpg

相変わらず旧セイバータイガーより一回り巨大化していました。

P1010649.jpg

我が家のセイバータイガー軍団もだいぶ強化されてきましたね(笑)

P1010643.jpg

というわけでMPセイバータイガー 開封とランナー紹介・組み立てでした。

既に発売から半年以上が経過し、プレミア価格以外の取り扱いは見かけなくなってしまいました…シールドライガーはお安いんですがセイバータイガーは生産数自体少なかったのかな…?

本当はシールド・セイバーに続く第3弾も期待したかったのですがそんなには甘くないようですね…ジェノザウラー辺りとかゼンマイクラスとかも見てみたかったんですが…タカラトミーさんに届けこの思い(笑)

以上、乱文失礼しました。HMMゴジュラスジオーガが欲しい…

ps.シュトゥルムテュラン楽しみです


comment (0) @ ゾイド

MPシールドライガー尻尾補修まとめ

2016/10/11
ツイッターの方でも呟きましたがこちらでもまとめておきます。


先日シールドライガーの尻尾のポリパーツに亀裂が入り、尻尾なし状態になってしまいました。

ツイッターでも同じ状態のゾイダーさんが多数見かけられたため、これ代用パーツ来てもまたちぎれるな…ということで何かで代用しようと思い立ったのが始まりです。





切れ込みを入れて差し込んだだけだったのですが、思いのほか安定しました




長さだけ調整の必要がありましたね



簡単な補修ですのでどの程度の期間保てるかはわかりませんが一つの手として考案しておきました。

comment (0) @ ゾイド

マスターピース MPZ-01 シールドライガー 組み立て(シールドライガーその➁)

2016/04/15
今回は、前回紹介しましたマスターピース版「シールドライガー」の組み立て手順を追っていきましょう。

前回はディスプレイスタンドにモーターユニットをセットしたところで終わりました。
P1010222.jpg

説明書通りにまず素体を組み上げます。最初は素体頭部の組み立てから。

P1010249.jpg

最小限のパーツで構成されています。素体時に既に存在する目のパーツはしっかりクリアパーツです。

P1010246.jpg

こちらの歯のパーツは塗装済みパーツである影響か合いが悪く鼻の辺りに隙間が出てしまうという報告があったので前もって突起部を若干削ったうえでピンもほんの少し短くしました。
特典のメッキ版ではないキットに付属の物ですがやはりいい質感です。

P1010257.jpg

ランナー部分で比較してみても成型色の爪ランナーが安っぽく見えてしまいます。高額商品なのでどうせなら爪のランナーも塗装済みパーツにして欲しかったところ。

P1010251.jpg

メッキ兵士2体を乗せて頭部素体完成。

この時点でモーターを動かして咆哮モーション時に顎がイマイチ開かない場合は下顎のピン部分にグリスを塗るなり細目やすりで少し擦ってスベリを良くするといいそうです。

P1010250.jpg

せっかく2人乗りなので参考までにHMMシールドライガー バン仕様に付属するバンとフィーネを乗せてみました。
※本製品には金メッキパイロット2体のみが付属します
後でバン仕様とか出るんでしょうかね。

P1010252.jpg

続いて素体胸部。高速ゾイドと言えばこの武装、3連衝撃砲があります。原型機と違って腹部と一体化していますね。

P1010253.jpg

左右でパーツ形状が違うのはモーターユニット上面の右背部で動作に合わせて伸縮するピンを利用し腹部の呼吸動作を行うためです。

P1010255.jpg

ここまで完成。組み立てているとだんだんとどういう仕組みでここが動いてるのかというのが分かってきて楽しいです。

P1010254.jpg

今度は肋骨周辺~背骨にかけてのパーツ。

P1010256.jpg

胴体の素体部がすべて組み上がりました。
パイプパーツは素体時には付けないのが正しいそうなので後で外装組み立て時に使います。

P1010258.jpg

続いて尻尾素体。分割部分に軟質パーツを組み込むようになっていて電動で動く根元に合わせて若干しなるような動きをします。

ただし手動での可動は一切なしのため常に尻尾が後ろに伸びた状態で場所をとる一因にもなってしまっています。

P1010259.jpg

組み上げるとこんな感じに。2連ビーム砲が載っていない状態なのでバン仕様だとこの状態になるんでしょうかね。

軟質パーツの影響で触ると弾力のある尻尾です。

P1010260.jpg

続いて前足。写真は左前脚ですが同構成なので両前脚まとめて紹介してしまいます。
※爪のパーツは成型色が気に食わなかったので好みでシルバーとグレーで自前塗装していますが本来は銀色の成型色です。

足裏の滑り止めパーツやスプリングパーツも見えますがここでようやくロック式キャップが登場。

P1010268.jpg

ゾイドと言ったらゴムキャップ、ゴムキャップと言ったら経年劣化!と悪名高いゾイドのゴムキャップでしたがMPゾイドの新たな試みとしてプラ同士の噛み合わせでしっかりとロックされる新たなキャップが導入されました。

P1010337.jpg
P1010341.jpg

3つのサイズのロック式キャップがあり、専用のキャップレンチで90度回すことでしっかりと固定されます。

P1010269.jpg

従来のゴムキャップのように穴が開いているのは一番大きいLサイズだけでM、Sは逆に棒が出ています。
そろそろ本題に戻りましょう。

P1010262.jpg

ツイッターでゾイ子が紹介していた滑り止めのゴムパーツはこのように前足の裏に使います。

P1010263.jpg

前脚素体の完成。旧シールドライガーのものと比較するとかなり大型化してるのがわかりますね。

P1010266.jpg

これを同じく右前脚分も組んでさぁ胴体に取り付けましょう。

P1010265.jpg

旧トミー版シールドライガーと同様に脚の取り付け前に動作用のパーツを噛ませてから脚を取り付けます。

P1010270.jpg

一番大きいロック式キャップで前脚を固定。ワクワク感が高まってきます。

P1010344.jpg

スプリングパーツが組み込まれていることで前脚を持ち上げた時に爪先が垂れ下がり猫足の動きを再現しています。ディスプレイスタンドに載せていると常時垂れ下がりっぱなしですが。

P1010271.jpg

前脚と同じくこちらも左後ろ脚のみのパーツ構成ですがまとめて紹介します。前脚同様に爪は自前塗装。

P1010274.jpg

両脚を組み立て、前脚と同じく胴体へ付ける際に噛ませるパーツを用意。

P1010273.jpg

そしてようやく…

P1010275.jpg

マスターピース版シールドライガーの素体が組み上がりました!
素体状態でも鑑賞に堪えうるメカメカしさでライガーゼロ素体を彷彿とさせます。

もちろんこの状態でも全ての電動動作を楽しむことができます。タテガミの干渉がネックになっているため素体の方がスムーズに動いたりするほどに…

続いて外装を取り付けていきましょう。ここからはどんどんシールドライガーらしさが出てきます。

P1010276.jpg
P1010278.jpg

腹部側面の展開式ミサイルポッド部分、そして背部の格納式ビーム砲と尻尾に付けるビーム砲とリアスポイラー。

旧トミー版では1パーツ成型だったミサイルポッドも3パーツ構成に。ミサイルの弾頭部分の赤とビーム砲格納ハッチのメッシュ部分グレーは自前塗装しています。
先ほど素体時に使用しなかった動力パイプパーツもここで使います。


P1010281.jpg

胴体に取り付け。ハッチを含めビーム砲自体もかなり大型化していますが収納時の収まりは良好で流線型のラインが崩れません。

P1010277.jpg

腹部側面に装着されたミサイルポッドは丸軸接続なので真上まで仰角をとることが可能でした。

P1010280.jpg

前脚の外装パーツ。両脚分まとめて左前脚分の外装パーツを紹介。

P1010281.jpg
P1010282.jpg

細かった脚が、装甲を付けると途端にガッシリと力強い前脚になりました。

P1010284.jpg

ここの取り付けはロック式キャップを使うのですが「装甲をロックボルトで固定する」という感じがして組み立てがたいへん楽しく感じた部分です。

P1010285.jpg

左後ろ脚の装甲パーツです。前脚より関節が一つ多い構造上、装甲パーツも前脚より多めになっています。

P1010286.jpg
P1010287.jpg

前脚と同様に装甲をロック式キャップでロックボルト風に固定!

P1010288.jpg

右後ろ脚も同様に装甲を取り付けて残すところ頭部装甲だけとなりました。

P1010289.jpg

ブレードライガーで言うマルチブレードアンテナ部分のタテガミにも可動が追加されたほか、HMMシールドライガー同様に本家には無い横のタテガミの可動が追加されました。

また、横のタテガミは左右各3枚に分割されています。

P1010291.jpg

そして、マスターピース版シールドライガーようやく完成!素体時には無かったこの圧倒的シールドライガー感!感無量です。

P1010294.jpg

本家やHMMと比較してもライオンとクマくらいの体格差があります。

というのも

この体格差はしっかりと設定の方にも反映されていてかなりの大型機設定になっています。
モーターを2つ組み込む制約上大型化が進んだのでしょうが「スケール表記はあるのにそれを無視した大型化」ではなく設定的にしっかり大型化しているのは個人的に好感が持てる所でした。

2回連続で完成レビューではなく組み立て過程を追った変則的な更新でしたが次はシールドライガーの手動可動部分の紹介などもしたいところです。これからだと2番煎じ感が凄いですが…((;´・ω・)

HMMアイアンコングPKの予約が開始されました。僕はコングはもうお腹いっぱいかな…というところですがコトブキヤHMMはどんどん次弾が発表されて楽しみですね。

再販まだかまだかと待ち望んでいたゴドスやプテラスの他、レッドホーンとバスタートータス、ライトニングサイクスの再販も決定しましたし今年もゾイド熱は冷めなそうです……。
____________________________________________
comment (0) @ ゾイド

マスターピース MPZ-01 シールドライガー 開封とランナー紹介(シールドライガーその①)

2016/04/08
昨年3月頃に発売がアナウンスされ…
10月発売予定とされたものの延期に次ぐ延期で本当に発売するのかと危惧されていた
マスターピース版「シールドライガー」ですが…

P1010209.jpg

とうとうこの2016年3月26日に発売いたしました!!!

P1010323.jpg

(デデーン)流石は定価12000円の商品、箱が大きいです。
ツヤ消し黒の背景にツヤありのシールドライガーの写真が印刷され、高級感と躍動感が強調されたパッケージ。

P1010324.jpg

上面はやはりツヤ消しの黒にピッカピカの銀でZOIDSの文字が。

P1010326.jpg

側面は左右共通でシールドライガーの写真も含めてツヤ消しで文字も白でした。

P1010327.jpg
P1010328.jpg

底面は付属品の紹介です。2枚目は拡大したものです。

P1010329.jpg

背面は電動ギミックと手動ギミックの紹介と武装の設定紹介。トミー版ゾイドには欠かせないものでしたね。
電動ではない最近のHMMゾイドないものです。
しかし懐かしの「モーター駆動でリアルに歩行!」の文面ではありませんでしたね(笑)

P1010322.jpg

掘り出してきた旧トミー版のシールドライガーの箱と比較するとかなり巨大化しているのがわかると思います。

P1010320.jpg
P1010321.jpg

箱の厚みは変わりませんが大きさはほぼ2倍となっていました。

P1010210.jpg
P1010211.jpg

箱を開けると真っ先に飛び込んでくる電動ゾイド特有のモーターユニット。他のプラモデルには無いものでこれを見ると本家のゾイドだなぁと改めて感じる所です。
破損防止用に段ボールで保護してあるところまで趣き深い…(えっ

P1010214.jpg

早速段ボールという拘束具をかなぐり捨て、本家の旧トミー版シールドライガーのモーターユニット(下)と比較。

デカい……!!!P1010215.jpg
P1010217.jpg

横幅はほぼ変わらないもののモーターユニットの長さはほぼ2倍という巨大化具合…!

それもその筈、本来のライオンの骨格をイメージして本家よりも胴長にデザイン変更されたうえ、首と腹部の可動のために電動モーターを二つ内蔵、発光ユニットを内蔵した首ユニットと腹部にサウンドユニット、尾の根元にも電動可動部分が追加されているため。

旧シールドライガーは単3乾電池一本駆動でしたがギミック追加で使用電力が上がったためか単4乾電池2本駆動となっています。なお、残量の少ない電池で動かそうとすると動作に不具合が起きるようです。(体験談)

P1010218.jpg

参考までに本家にも首部分と尾の根元部分までのフレームを付けてみるとそれほど差が無くなりました。

続いて内容物・ランナー紹介。

P1010235.jpg
モーターユニットとカラー印刷の説明書とディスプレイスタンド、ロック式キャップを締めるためのキャップレンチ。

P1010236.jpg
グレーのAランナー。

P1010237.jpg
グレーのBランナー、ブルーグレーのCランナー。

P1010239.jpg
シルバー(成型色)のDランナー、グレーのEランナー、グレーのFランナー。

P1010241.jpg
ブラックのGランナー、ブラック(軟質パーツ)のHランナー、クリアオレンジのIランナー。

P1010243.jpg
鮮やかなブルーのJランナー、ブルーグレーのKランナー。

P1010244.jpg
シルバー(塗装済みパーツ)のD2ランナー、グレー(サスペンション部分シルバー塗装済みパーツ)のF2ランナー、ブルーグレー(動力パイプ部分シルバー塗装済みパーツ)のK2ランナー、グレー(サスペンション&フレーム部分シルバー塗装済みパーツ)のB2ランナー。
そしてライトグレーのロック式キャップ(Lサイズ)×6(うち2個が予備)、ライトグレーのロック式キャップ(Mサイズ)×16(うち4個が予備)、ブラックのロック式キャップ(Sサイズ)×24(うち6個が予備)、金メッキパイロットが2体と前足用スプリングパーツ×2。

P1010245.jpg
amazonで限定版を購入したため本体に付属のD2ランナーに加えてクロームメッキ処理が施されたD2ランナーが別途、箱に外付けで付属しました。

限定版が存在しないセイバータイガーと並べた時に違和感のないよう、今回は本体付属の物を使用します。元々成型色でないため質感もいいですし。

P1010222.jpg

ランナーから外す必要のないディスプレイスタンドのみを組み上げてモーターユニットをセットしてみました。

組み立てを始める前に電池を入れて動作確認をしましょう。この時点で動かない初期不良もあるそうなので。

また前述の通り残量の少ない電池だと上手く動作しない場合があります。充電池使用不可ではないようなので新品の乾電池もしくは充電済みの充電池で動作テストしましょう。

お尻のスイッチをONにして鼓動アクション→歩行用のクランクの回転と歩行サウンド→クランク回転が停止して首部分が回転し咆哮サウンド→(繰り返し)
が確認できたらさぁ組み立て開始です!ZOIDS ON!!

→→→→次回組み立て開始!!!! Coming soon......

comment (0) @ ゾイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。